スカイマークのサービスコンセプトに対し、東京都消費生活総合センターが抗議。機内から回収して苦情受付を会社ですることを新聞広告掲載することを要求

スカイマークが、2012年5月18日から機内に置いている「サービスコンセプト」の内容に対し、東京都消費生活総合センターが6月5日にスカイマークに対して抗議を申し入れたと報じられました。
6月4日までに、スカイマークに関する問い合わせが東京都消費生活総合センターに1件あったとのことです。

この「サービスコンセプト」は8項目からなり、そのなかの最後の項目で「機内での苦情は一切受け付けません。ご理解いただけないお客様には定時運航順守のため退出いただきます。」と、旅客の安全と定時運航を最優先するスタンスを明示しています。
ごく一部のクレーマー的な利用客への対応によって不要なコストが発生することを抑えるものと見られていますが、続けて「ご不満のあるお客様は「スカイマークお客様相談センター」あるいは「消費生活センター」等に連絡されますようお願いいたします。」と記載されていたことが、今回の抗議につながったようです。

[スカイマーク]サービスコンセプト全文

東京都消費生活総合センターは「事業者への苦情を代わって受け付けるかのような記述は容認できない」として、サービスコンセプトが記載されたものを機内から回収し会社側で苦情に対応することを新聞に掲載するよう申し入れたとのことです。
苦情を入れる先を、スカイマークに申し入れるのか、消費生活センター等の行政機関に連絡するのかは、各利用客の自由ですが、今回の抗議に対してスカイマークがなにかしらの対応を取るかどうかは、東京都消費生活総合センターの存在意義を問うことにもなりそうです。

[スカイマーク]公式ウェブサイト
(お問い合わせ窓口、メール受付など)

[東京都消費生活総合センター]
(問い合わせ窓口、電話番号など)

よく読まれている他の記事

カテゴリー: スカイマーク タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。